【台風19号】被災者に賃貸を提供【被災された方へ】

台風19号 被災

こんにちは、アットルーム上田です。

台風19号。
茨城県民の私達にとっては、とても心の痛い傷を残していきましたね。
特に、渡里周辺や常陸太田の一部地域等の被害は甚大であり、とても辛い光景を目の当たりにしました。

天災ばかりは防ぎようがないですが、
被災された方に下記が届きましたら、嬉しく思います。

————————

(独)都市再生機構(UR都市機構)は17日、台風19号によって住宅被害を受けた人を対象に、一時避難場所としてUR賃貸住宅を無償提供すると発表した。

 提供する住戸は、1都5県合計210戸。内訳は東京都50戸、埼玉県60戸、神奈川県40戸、千葉県30戸、茨城県20戸、愛知県10戸。入居期間は6ヵ月で、家賃・共益費・敷金・駐車場料金を無料とし、連帯保証人も不要。

 申し込み資格は台風19号によって住宅が全壊・半壊・一部損壊等の被害を受け、居住が困難になり、罹災証明書を提出できる人。罹災証明書は提出できる見込みでも申し込み可能。

 受付期間は11月30日まで。受付場所は、八重洲(東京都中央区)、新宿(同新宿区)、立川(同立川市)、大宮(さいたま市大宮区)、横浜(横浜市神奈川区)、津田沼(千葉県船橋市)、名古屋(名古屋市中区)の各UR営業センター。

関連記事

  1. 素敵なキッチン♡

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA